9年目、チェルシーに電撃移籍

 

プロ9年目。僕は25歳であのBIGクラブ、
チェルシーFCに電撃移籍をした。

ユベントスかチェルシーか…
ユベントスはリーグ1位、クラブランキング2位、
チャンピオンズリーグ2位とチェルシーよりもランクでは上だ。

でも、チェルシーに決めた理由は、
前々からオファーがあったからだ。

僕の素質にきずいているのか?
なんて思った。

海外に年々多くの選手を送り出している日本だが、
チェルシー移籍はとても大きなニュースになっているらしい。



また戻ってきたイングランドの地で
今度こそ、MVPを獲る!



各ブログランキング参加しておりまっす!
各ブログランキングの応援クリックをお願いします^^
----------------
ウイイレ・攻略ブログ
----------------

 

チェルシーというクラブ


 名門チェルシーには世界的有名な選手が多い。

ツェフ、テリー、アシュリーコール、デコ、
アネルカ、カルー、デフォー…

まだまだいる。憧れていた選手たちと一緒のクラブなんて
今でも信じられない。

練習場に行くと僕は驚いた。

強豪チェルシーは重い雰囲気かと思っていた。

しかしチームの雰囲気はとてもアンビリーバブル。
誰もが笑っている。ジョークを言っている。

そして全員がフレンドリーだ。

練習場に行って僕は自己紹介をした。

日本人のNEXです。よろしくお願いします。

真っ先に話しかけてきたのはアネルカだった。


「オー、侍じゃん!よろしくな。」

それからアネルカはよく話しかけてくれる。

入ってすぐ感じた。
このクラブは楽しい。居心地がいい。


各ブログランキング参加しておりまっす!
各ブログランキングの応援クリックをお願いします^^
----------------
ウイイレ・攻略ブログ
----------------

 

開幕戦、フィットする

 プレミアリーグが開幕した。
チェルシーは今年も優勝候補の一角として注目を浴びている。
開幕戦はウエストハム。僕は当然ベンチスタートとなった。

試合に出ている憧れの選手を見て感動。
隣に並んでいるレベルの高い選手たち。

チェルシーなんだ。

そんな想いにふけっている間、試合の笛はなった。
チェルシーは序盤から攻める。だが、相手も攻める。

両チームの攻防が続く中、チェルシーはすきを突かれ、
先制を許してしまった。

その後も追加点を食らい、0-2.

このまま終わってなんかいられない。
と監督は僕を呼んだ。

「NEX!思いっきりやってこい。
 点を取ってこい!」

僕は選手交代のボードに書かれる48を横目に見ながら、
ダッシュでピッチに入って行った。

僕は3トップの左としての出場でチェルシーデビューをした。
最初はとても緊張してしまったが、プレーしていくうちに
僕はこのチームにあっていると感じた。

3トップでも全然違和感は感じないし、
周りの人の個々の技術も高いので、流れるプレーができる。
僕の理想だ。
いらいらはしないし、こんなにフィットするとは思わなかった。


惜しくも外れてしまったが、いい形でのシュートを打つことができた。

試合は0-2で敗れたが、僕は自分自身の結果に満足している。
各ブログランキング参加しておりまっす!
各ブログランキングの応援クリックをお願いします^^
----------------
ウイイレ・攻略ブログ
----------------

 

開幕戦の評価

 チェルシーは注目度が高い。
そのため、マスコミの情報が自然と情報として入ってくる。

開幕戦の評価は悪い。


”まったくいいところなく敗れる”

”スターも年齢に勝てないか”

などなど...

僕が気になったのは年齢。
そういえば、高い。
調べてみると僕はチームで2番目に若く、1番は1つ下。
20代は僕を含めて3人しかいない。

しかも、スタメン組は
テリー 36歳
コール 36歳
アネルカ 38歳
何とデコは40歳!

その他全員は30代。

オ、オッサン軍団じゃん!

まだまだやっていけるように見えるし...すごいな...

僕たち20代が引っ張っていかなくては!


各ブログランキング参加しておりまっす!
各ブログランキングの応援クリックをお願いします^^
----------------
ウイイレ・攻略ブログ
----------------

 

2節、チェルシーでのゴール

 メディアにさんざん言われた次の2節。

僕はまたベンチスタートとなった。
相手はサンダーランド。
チェルシーからしてみれば勝てる相手。

しかし…


前半からの失点。

このまま2連敗をしてはならないチェルシーは
意地の同点ゴールを叩き込み、前半を折り返した。

後半、監督は僕をピッチに立たせた。

少し落ち着いた試合になってきた後半半ば、
また失点を許してしまった。

1-2。
このまま軽く2連敗を許してはならない。
強い気持ちは僕だけじゃないく、みんなにあったはずだ。

そして後半終了間際。
ボックスの外でボールを受けた僕は
その強い気持ちをボールにぶつけた。



キーパーも反応したが...
取れなかった。

ゴール!!
ゴール右隅にチェルシー初ゴールを叩き込んだ。

このゴールにはチームメイトのみんなが
高々と手を挙げた。


各ブログランキング参加しておりまっす!
各ブログランキングの応援クリックをお願いします^^
----------------
ウイイレ・攻略ブログ
----------------

 

チームの調子が上向き

 この前の試合で引き分けてから、チェルシーの調子は
 良くなってきている。

バーミンガム戦で1-0で勝利、そして古巣であるボルトン戦。
数少ない同年代チームメイトであるファビオ・ボリーニが
超美技ミドルシュートを決め、2-0で勝利。


これには衝撃を受けた。
あの位置から決める精度のよさ。
前々から良い精度の彼のキックにほれ込んだ。

あの精度…欲しい!!

試合終了後、僕はすかさずファビオに話しかけた。

ファビオ!あのゴールはすごいな!!

「ん?あんなのよゆーだぜ。」

じゃあ…
俺に、教えてくれないか?

そのミドルシュートを。

僕はだめもとで聞いてみた。
答えは、

「俺の言うことを聞くならいいぜ。」

にやにやしながら答えてきた。
何か負けた感じがして嫌だったが、
教えてもらうことにした。

さっそく今日の居残り練習で、
僕はコツをつかんだ。

でも、
ファビオはすごすぎる...
各ブログランキング参加しておりまっす!
各ブログランキングの応援クリックをお願いします^^
----------------
ウイイレ・攻略ブログ
----------------

 

チェルシーのスタメンへ

 僕の古巣ボルトンに勝利を収めたチェルシー。
このまま波に乗るかと思われたが、スパーズ(トッテナムの愛称)
に0-1で敗戦を喫した。。

優勝を狙うチェルシー。
バーンリー戦で監督は僕をスタメンに起用した。

僕は調子が良く、安定している。


この試合、我らチェルシーは強さを見せつけた。

途中、選手交代するテリーが寄ってきて

「これつけろ」

とキャプテンマークを渡された。

いやいや、
いくら途中からでもそれは...

そういった時にはテリーはピッチの外に
出ていた。

そして僕は、左腕に重いマークを付け
試合終了までプレーした。


結果は3-0。
僕はゴールこそ決められなかったが、キャプテンマークを譲り受けたことはチームから信頼されているということだと解釈している。

ファンからも、誰からも信頼される
ゴールゲッターに成長していきたい。
各ブログランキング参加しておりまっす!
各ブログランキングの応援クリックをお願いします^^
----------------
ウイイレ・攻略ブログ
----------------

 

結果が出始めている

 バーンリー戦から、CLのボルドー戦、アストンビラ戦と僕はスタメン出場をしている。アストンビラ戦では1-2で負けてしまったものの、得点を決め結果として残った。


そして迎えたチャンピオンズリーグナポリ戦。
僕はスタメン出場。どうやらスタメンに定着したようだ。

チェルシーは前半に先制。
僕も積極的にゴールを狙いに行った。


そして後半82分。

テリーがセンターサークルあたりにいた僕にパス。

ターンして僕の目線はゴールをとらえた。
その瞬間、ファビオと練習したシュートを思い出した。


ゴール!!
ここしかないというところに決めた!

CLの大事な場面でゴールを決め、
2-0での勝利を勝ち取った。

ミドルシュートでプレーの幅が広げられるよう、
これからもファビオと練習を繰り返していきたい。




各ブログランキング参加しておりまっす!
各ブログランキングの応援クリックをお願いします^^
----------------
ウイイレ・攻略ブログ
----------------

 

成果が出たハットトリック!

 リーグ戦に戻ってマンCに勝利し、
去年の強さを完全に取り戻した。

アウェイでのウィガン戦。
僕は異常だった。

キックオフ、
ウィガンは後ろへ下げ、いつもと変わらないスタート。

しかし、急な衝動で僕はパスを全力で追った。
そしてインターセプト。

前には味方はいない。
DFは離れている。


その状況を読み取り、シュートを選択した。


「お、お前...」

ボリーニの声が聞こえた。
ボールはキーパーを超えポストに当たり、
ゴールへと吸い込まれていった。

なんと開始10秒18でのゴール。

それから僕は舞い上がった。
それはプレーに表れた。

前半の15分。
相手のパスミスを拾ったデコが
ラス(ラサナディアラの愛称)を経由して
ピッチ中央当たりにいた僕へ。

ターンして僕は約10mをドリブル。
そしてボックスの外から2本目のミドル。


2点目。
まだまだ取ってやる。
この気持ちが強くあった。

まだまだ終わらない僕は後半13分。

相手のパスミスを拾った僕はワンタッチ、
ツータッチで相手陣へと仕掛け、
またボックス外からのミドル。



よし!
これでハットトリック達成!
しかもミドルシュートのみ。

こんなの初めてだ。

ボリーニもこの吸収の速さにとても驚いていた。

もう僕は、
ミドルを武器にしつつある。
各ブログランキング参加しておりまっす!
各ブログランキングの応援クリックをお願いします^^
----------------
ウイイレ・攻略ブログ
----------------

 

2試合連続のハットトリック...

 この前の試合でハットトリックしてから僕はゴールへ向かう意識が高くなったと思う。

そして楽しみに、楽しみにしてきた
ブラックバーン戦。

今日も点を決めてやる。

何とも言えないワクワク感に満ちていた。

試合開始の笛が鳴ってから17分後。
中央でのボール回しから僕にボールが回ってきた。

なぜかゴールを決められる自信があった。


ゴール左隅に得意のミドルが突き刺さった。
”まず”、1点をとり、前半が終了した。

「お前すげぇなぁ。なんかよォ、お前にパスすると何でも決めてくれそうだぜ」

アネルカはそういうと、ロッカールームへ駆けていった。


憧れの先輩からこんな言葉をもらうなんて...

またまた気分がよくなり、プレーも冴えた。
59分。中央でアネルカがボールを持った。

ヘイ!!




完璧だ。完璧なスルーパス。
僕とアネルカの最高の連携だ。

キーパーとの1対1をかわし、ゴールへ流し込んだ。


それでも終わらずに、90分。

アネルカのところにボールがいくと、完全に僕を信じてダイレクトパス。


そこからメッシの様なドリブルで一人、二人と抜き、
とどめの一発。


2試合連続のハットトリック!!

信じられない。
チェルシーに入っていきなりの開花...

3-0での勝利。

アネルカと僕はいいコンビになれそうだ。


各ブログランキング参加しておりまっす!
各ブログランキングの応援クリックをお願いします^^
----------------
ウイイレ・攻略ブログ
----------------

 
| 1/3PAGES | >>
※このブログはすべてフィクションです。実際の団体・個人とは一切関係ありません

Profile

現所属
チェルシー
背番号
48
国籍
日本
年齢
25歳(9年目)
身長
173cm
体重
67kg
ポジション
ST・CF・OMF・WG
利き足
エクイップスポンサー
ナイキ
クラブ経歴
16-17 チェルシー
15-16 セビージャ
14-15 リバプールFC
13-14 ボルトン
10-13 VVVフェンロ
08-10 ローダjc

1日1回のクリックお願いします!

現在ランキングに参加しています。
下のリンクをクリックしてもらうと別窓でランキング画面が開きます。
その時に私に一票が入ります。
ランキング上位になると訪問者が増えてさらに私のやる気が出ます。
ランキング上位の人のブログはとても面白く、参考になります。
一度訪問してみてはどうでしょうか?
↓↓↓
--------------
にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ
にほんブログ村
----------------
人気ブログランキングへ
----------------
ウイニングイレブン ポップランキング
----------------
ウイイレ・攻略ブログ
----------------
ウイニングイレブン CVランキング
----------------
おきてがみ
----------------
----------------
----------------

ads